本音を聞いてみた!税理士の年収と仕事内容

税理士ってどんな職業なんですか?

日本に税理士はどれくらいいるの

税金のスペシャリストである税理士。 主な仕事は会社の経理状況、税金の計算、税務相談など。 取引先としては個人や中小企業などが多いようです。 税理士資格取得後、企業に勤める場合と独立開業する場合が見られます。 それぞれの年収にはどのような差が出るのでしょうか。

税務のスペシャリスト

税理士の仕事といえば、企業の会計業務の請負、税金計算、申告代行などが従来の業務でした。 しかし、単一的な仕訳、計算業務は今後、AIに代わられるともいわれています。 これまでの業務に加え、より企業の経営計画などへのアドバイスなど、専門的な知識やコミュニケーション能力が問われる職業になっています。

税理士にはどんな人が多いのか

税理士の仕事は、会社の経理情報を正しく処理し、正確な税金計算をすることで正しく納税に導くこと。 また、節税に対しても的確な提案やアドバイスを行います。 まさに税金の番人。 法に背くようなことはもってのほか、という業務を行う性質上、真面目な性格の方が多いようです。

税理士はどれくらいの年収があるの

日本で税理士として登録している人の数は約78,000人。
毎年約2,500人が新規登録しており、反面、高齢化などにより年間2,000人ほどが廃業しています。
税理士試験に合格して登録をする人数は減少あるいは横ばいで、毎年1,000人に満たない数なのだそうです。
後の割合はというと、税理士試験を一部、または全て免除されている人たちで締められています。
それは、大学院まで進んだ場合の科目免除、税務署に長年勤務したり、弁護士や公認会計士の資格を持っている方々で、7割以上を構成しています。
この78,000人のうち独立開業しているのは57,000ほど。
コンビニが全国で約55,000件といいますから、税理士事務所はコンビニよりも多いということになります。
仕事の取り合いになっていないのでしょうか。

企業の活用する会計ソフトも高度な計算に対応するようになり、今まで通りの仕分け、集計などの請負業務などは今後激減していくといわれています。
そして、単純な仕分け作業や財務諸表の作成などは今後、AIに取って代わられるともいわれています。
実施、計算だけを請け負うような仕事をしてきた事務所は新規の仕事を獲得しづらい状況になっているのは事実です。
しかし、税理士の仕事というのは、アウトソーシングで経理業務を行うことだけではありません。
税金計算や提出書類の作成以外にも、持っている専門知識、そして、業務の内容上、経営者と会話する機会の多いことから、企業のコンサルティング業務も行うことが可能です。

その為、会計事務所として請け負う業務が高度な知識やテクニックを要する案件に特化していくと見られています。

おすすめリンク

税務調査の不安は相談して解消!

税務調査が来る!となると不安になる人も多いのでは?準備すべきことと相談できる所をお伝えします。

迅速丁寧な税理士を大垣で探す

大垣で経験豊富なベテラン税理士をお探しの方へ。創業融資や節税の悩みを解決しましょう。

経営コンサルなら渡辺政彦税理士事務所がオススメ

税務相談だけではもったいない!渡辺政彦があなたの会社の経営コンサルティングとしてサポートします!

渡辺政彦さんに会うためにはどの駅で降りれば良いのでしょうか

渡辺政彦氏の経営する事務所の最寄りには、長原駅や馬込駅があります。間違えないようにしましょう。