税務のスペシャリスト

公認会計士との違いは

税務のスペシャリストである税理士は会計上でも日々の仕訳や決算書の作成なども行ってくれます。
同様の経理系の資格で公認会計士がありますが、業務にはどのような違いがあるのでしょうか。
公認会計士は、企業に投資している方たちの利益を守るため、決算書の正当性を第三者の立場でチェック(監査)するという役割があります。
こういったことから、大きな企業が顧客となる場合が多いです。
対して税理士は個人や中小企業を顧客とすることが多く、顧客の立場で相談を受けたりアドバイスをしたりする事が業務ですので、仕事をする立場が真逆と言ってもいいでしょう。
ただし、公認会計士は講習を受けるだけで税理士資格も取得できるため、税理士資格も持ち合わせ、ダブルライセンスで仕事をする場合もあり、それぞれの立場で仕事をすることもあり得ます。

税理士の独占業務

税理士の仕事には、税理士しか行うことができない独占業務があります。
納税者の代わりに税金の申告を行う「税務代理」、税部署に提出する確定申告書等の書類作成を代行する「税務書類の作成」、企業や個人の節税について提案やアドバイスを行う「税務相談」の3つです。
経理ソフトが高性能になり、AIが単純な仕分けや計算業務に取って代わるという時代が来ても、この3つの仕事は直接行うことはできません。
その為、これらの権限を最大限に活用し、各事務所では請負業務の拡大を図っています。
従来の経理業務や税金計算、節税のアドバイザー的な立ち位置での業務から、銀行への融資交渉への立ち合いや事業主や企業の事業継承の相談、場合によってはM&A(企業合併)の提案、仲介業務など、高齢化社会になった事で生じる新たなニーズをキャッチして、より、企業の経営にも介入する立場で仕事をするようになっています。


シェアする

B!