税理士にはどんな人が多いのか

税理士に向いているといわれる人

税理士は法律に従い、正しく税金を納めるように指導する立場の人です。
その為、正義感の強い人が向いているといわれます。
そして、資格試験の受験をする際、多岐にわたるジャンルの勉強に勤めるとともに、数年にわたり受験することも多い為、勤勉で、忍耐強さが必要です。
数字を扱う仕事のため、正確な計算ができる能力、数字の整合性を細かく精査できる能力が必要になります。
その上で、近年求められているのが、顧客である個人事業主や企業の経営者とのコミュニケーション能力です。
企業の屋台骨を揺るがしかねない経理、税務という仕事および、経営アドバイスを行うにあたり、相手の信用を得ることが必須になります。
トークがうまいということではなく、相手に安心感を与えられるような会話力が必要とされます。

実際の税理士の印象

税理士の男女比率は女性が15%未満と、まだまだ男性社会であるようです。
しかし、育児中も仕事をすることが可能なため、増加傾向にあることは間違いないです。
税理士の人柄としては、きっちりした性格の人が多く、整理整頓が上手という特徴があります。
数字を扱っているので、資料がきっちりまとまっていないと仕事がはかどりませんので、私生活でもきっちりとしているようです。

その為か、仕事とプライベートをきっちりと分けている人が多く、オフの時は熱中できる趣味を持っている人が多いです。

性格は穏やかで、争いごとを好まない人が多く、他人の事にはあまり干渉しない、何方かというとあまり興味が無いようです。
とはいえ、コミュニケーション能力が高い人が多く、人、とくに年上のクライアントからは可愛がられるタイプが増えてきています。


シェアする

B!